ブチルヒドロキシアニソール(BHA)

65e5809e8d150d104a350f5e92787757_s

安全性の高いドッグフードを選ぼう

ドッグフードを購入する際、飼い主さんはどのような部分に注目していますか?
なるべくお安いものを・・・と考えている飼い主さんは、ぜひ安全性についても目を向けてみてください。
お値段の安いドッグフードと、高価なドッグフードとで、一体何が違うのかと言えば、使っている原料に他なりません。

安価なドッグフードは添加物をたっぷり配合してありますが、高価なものは無添加・・・というのが一般的なケースです。

比較的安価なドッグフードの場合、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)という添加物が使われているケースが多いです。
では、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)とは一体どのような目的で使われているのでしょうか。

ブチルヒドロキシアニソール(BHA)の発がん性とは

ブチルヒドロキシアニソール(BHA)は、酸化防止剤のひとつです。

ドッグフードを長持ちさせるために使われていますが、発がん性の有無について議論のある物質です。
なぜそのようなものがドッグフードに、と思われる方もいるでしょう。

ただ、メーカーとしては、ラットの実験値を元に、それよりも少ない量を添加していると主張しています。
だとすれば、あまり気にする必要はないのかもしれません。

もっとも、合成の添加物をなるべく避けたいと思う方は、愛犬に与えるのが気になると思います。
愛犬の健康を守りたいという飼い主さんの思いからすれば、、飼い主さんが安心して与えられるドッグフードを選んであげるとストレスがないですね。

愛犬の健康はドッグフード選びにかかっています!

ブチルヒドロキシアニソール(BHA)のような人工の添加物を使っていないドッグフードもたくさんあります。
好き嫌いの激しい愛犬は、無添加のドッグフードよりも、添加物が入っている方がたくさん食べてくれるという事もあるでしょう。

しかし、愛犬のために、そして飼い主さんのためにも、できれば無添加のドッグフードを選ぶのが安心かもしれません。
酸化防止剤には色々な種類があり、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)だけではありませんが、酸化防止剤としか書いていないことが多いです。
むしろ、きちんと表記しているメーカーは良心的なのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ