無添加ドッグフードはなぜ食いつきが良いのか

700d26549dde8f9f16497eef3dbe86e7_s

ドッグフードの与え方に問題があるかも?

「ドッグフードをなかなか食べてくれない」と悩んでいる飼い主の方は多くいらっしゃいます。
そんな場合、ドッグフードの食いつきは悪くてもおやつの袋を見せるとすぐに飛びついてきて食べてしまうということも多いでしょう。

しかしそのような与え方だと、いつまで経ってもドッグフードの食いつきはよくありません。
もしドッグフードを犬がほとんど食べなくても、そのままドッグフードを片づけてしまいましょう。
ネコちゃんはこまめにちょこちょこと食べるという食べ方をしますが、犬の場合は違います。

ドッグフードを片づけるのは可哀そうと思えるかもしれませんが、それもいずれは犬のためになります。

実はグルメな犬

犬と言えば優れた嗅覚の持ち主のため、ドッグフードのにおいももちろん重要になりますが、それ以外にも味や歯触りといった食感も感じ取ってドッグフードを選んでいると言われます。

ですからもしドッグフードの与え方を工夫しても一向に食いつきがよくならない場合には、ドッグフードを味や歯触りなどにこだわったものに変えてみるのもいいでしょう。

そして犬は、肉のエキスに弱いという特徴があります。
ですが市販のドッグフードで、とくにドライタイプのものだと肉エキスをあまり感じることができず、犬の食欲を刺激しにくくなっています。

肉が主原料のドッグフード

そのように肉を好む傾向のある犬にとっては、肉が主原料のドッグフードが理想的です。

今まで穀類が主原料のものを与えていた場合は、肉が主原料の無添加ドッグフードを与えてみるといいかもしれません。

肉を主原料とするのはコストがかかるので、そういったこだわりを持って作られているのは無添加ドッグフードと言われるジャンルのものが多くなります。
今まで食いつきが悪かった犬が、パクパクと元気にドッグフードを食べるようになれば、それは飼い主の方の安心にもつながります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ