プリンシプルナチュラルドッグフードの成分とその安全性

51C7KIBd3vL

プリンシプルナチュラルドッグフード(成犬用)の原料

プリンシプルナチュラルドッグフードは、日本で生まれたドッグフードです。
主な原材料は良質鶏肉粉、ライス、コーン粗粉、鶏肉脂肪となっています。
ビタミンAやビタミンCなどのビタミン類も豊富で、わんちゃんの免疫力をドッグフードからサポートすることが可能です。

わんちゃんが毎日口にするドッグフードに有害な成分を使わないように徹底しているプリンシプルでは、着色料や保存料などといった化学合成材が一切使われていません。
わんちゃんにとって本当に必要な材料を厳選し、わんちゃんの「原点(プリンシプル)」であるドッグフードを作り続けています。

プリンシプルナチュラルドッグフード(成犬用)の成分

プリンシプルナチュラルドッグフードの成犬用のドックフード、アダルトの成分表です。

粗たんぱく質 24.0%以上
粗脂肪 15.0%以上
粗繊維 3.0%以下
水分 11.0%以下(製造時8%以下)
灰分 6.5%以下
リノール酸 3.0%以上
カルシウム 0.9%以上、1.3%以下
りん 0.7%以上、1.1%以下
ナトリウム 0.25%以上、0.35%以下
亜鉛 200mg/kg以上
ビタミンA 10,000IU/kg以上
ビタミンE 150IU/kg以上
アスコルビン酸 30mg/kg以上
オメガ6脂肪酸  2.2%以上
オメガ3脂肪酸 0.3%以上
L-カルニチン 25mg/kg以上
タウリン 0.05%以上

わんちゃんの健康に必要なタンパク質や脂質の量も基準を超える量で、バランスの良い成分比率と言えます。
ただ1点気になる点を挙げるとすれば、オメガ6とオメガ3の含有量です。
オメガ6とオメガ3は、わんちゃんの毛並みを整える効果があり、少量であれば健康効果を得ることができます。
プリンシプルナチュラルドッグフードに配合されている程度の量であれば特に問題はないでしょう。

プリンシプルナチュラルドッグフード(成犬用)の気になる点

成分バランスも良く、わんちゃんの健康をサポートする成分が豊富に含まれているプリンシプルのドッグフードで気になる点といえば、ミネラル類です。
ごく少量とはいえ、亜セレン酸ナトリウムなどが添加されている点が気になる方は気になるでしょう。

また、“鶏肉”ではなく“良質鶏肉粉”が使用されているのかという点が気になります。
また、わんちゃんにとって消化があまり得意でないトウモロコシを使った物質が豊富に含まれている点も気になります。

プリンシプルナチュラルドッグフード(成犬用)は安全か?

プリンシプルのドッグフードは、なぜ鶏肉粉なのか、コーンを多様しているのか、という点は気になります。

知名度の高くないドッグフードですので、実際に与えている飼い主さんは少ないようですが、少ないながらもクチコミは高評価のものが多いです。
涙やけが治る、皮膚の疾患が治る、という謳い文句こそないものの、わんちゃんの健康を維持するにはよいドッグフードと言えるのではないでしょうか。

気になる点についての説得的な説明があれば消費者としてはより安心できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ