愛犬元気グラン・デリの成分とその安全性

gl

■原材料名

穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉等)、肉類(チキンミール、ポークミール、チキンエキス、ビーフミール、鶏ササミ、ササミパウダー等)、動物性油脂、豆類(大豆、大豆エキス等)、酵母エキス、チーズ、セルロースパウダー、コーンスターチ、野菜類(ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、乾燥小魚、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、リン、亜鉛)、ソルビトール、保存料(ソルビン酸K)、グリセリン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、フマル酸、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス)

■成分

タンパク質
21.0%以上
脂質
10.0%以上
粗繊維
4.5%以下
粗灰分
8.5%以下
水分
12.0%以下
エネルギー
約355kcal(100gあたり)

犬の大好物がたっぷり!

愛犬元気グラン・デリには、犬が喜ぶ食材がたくさん使われています。
ビーフをはじめ、緑黄色野菜、ささみ、小魚、チーズ・・・これらが配合されているドッグフードなら、ドッグフードより人間の食事の方が喜ぶという犬であっても美味しく食べてくれそうな気がしますね。

ただ、愛犬が喜ぶならどんなドッグフードでも良いかと言うと、決してそのような事はありません。
やはり、安全性の高いドッグフードを選ぶことが大切です。

では、愛犬元気グラン・デリにはどのような原材料が使われているのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

気になる「等」という表記

まず最初に表記されているのが、穀類です。
トウモロコシ、小麦粉、パン粉等となっています。

さらに肉類としてチキンミールやビールミール、ささみパウダー等の6種が記載されています。
ここで気になるのが「等」という表記です。

等というのは、それ以外にも原材料を使っていますということですね。
ところが、具体的にそれが何なのかが分かりません。
これは飼い主さんにとって、気になる点ではないでしょうか。

ほんの少量しか使っていないから記載されていないのか、それとも、記載すると商品が売れなくなってしまうから記載しないのか・・・などなど、考えてしまう方もいあるかもしれません。

一番良いのは気になることはメーカーに直接問い合わせをすることでしょう。

グラン・デリで使われている添加物

ドッグフードの原材料を調べることで、どのような添加物が使われているかを知ることができます。

愛犬元気グラン・デリでは、ソルビトール、保存料(ソルビン酸K)、グリセリン、着色料、フマル酸、酸化防止剤が使われています。
ソルビトールは甘味料として使われていて、安全性の高い添加物だと言われていますので、それほど心配する必要はないでしょう。

続いて保存料のソルビン酸Kですが、こちらは安全面に議論がある添加物です。

また、グリセリンはドッグフードに柔らかさを生み出すために使われていて、フマル酸もグリセリンと同様に食感を良くするために使用しています。

安心して与えられるドッグフードを選ぼう

酸化防止剤はエリソルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキスの3種類が記載されていますが、エリソルビン酸Naが気になる方もいるかもしれません。
近年は安全性が再評価され、適正に使用されているはずなので心配する必要はないと言えるでしょう。

ただ、添加物の種類が少なくないことに不安がある場合は、それ自体飼い主さんのストレスにもなってしまうので、飼い主さんが安心できるドッグフードを選びたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ