穀類不使用のドッグフードを選ぶポイント

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

なぜ穀類不使用がいいのか

穀類不使用で作られるドッグフードは、愛犬のアレルギー対策として有効だと考えられています。
アレルゲンになりえる食材は穀類の他にもありますが、穀類はとくに愛犬にとってアレルギーリスクが高い食材です。

穀類の中では、トウモロコシや小麦といった食材が代表的であり、トウモロコシはドッグフードの主原料としてよく使われてしまっています。
もし愛犬にアレルギー症状が出たら、穀類不使用の無添加ドッグフードを選ぶといいでしょう。

愛犬の胃腸への負担を考えよう

愛犬の体は、植物性タンパク質の消化には不向きです。
このため穀類のような植物性タンパク質が主原料となったものを食べれば、それを消化するために胃腸へ大きな負担をかけることにあんります。
そして体内への吸収もスムーズにいきませんから、穀類が主原料のドッグフードを与えていると、便の量が増えたり下痢をしたりということがあります。
穀類不使用のドッグフードであれば、愛犬の胃腸にも優しい動物性タンパク質が主原料となっており、それを与えることで便の量も適量になり、下痢も改善させてくれるのです。

肥満予防にもなる穀類不使用のドッグフード

穀類は炭水化物に分類されるもので、その炭水化物を取りすぎてしまえば肥満のリスクも高まります。
愛犬の健康にとっては、炭水化物を少なめに抑えておくことが理想的です。

しかし穀類がメインとなったドッグフードですと、それができなくなり肥満のリスクが増えていくのです。
肥満になってもそれを解消することはできますが、それよりもやはり肥満を予防していくということが重要になってきます。

そのためには、穀類不使用で、なおかつ無添加のドッグフードを選んでおくと安心です。
愛犬の健康のためには、愛犬が毎日食べるドッグフードにこだわるということが欠かせないので、無添加ドッグフードについてもいろいろと調べてみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ