魚中心のドッグフードのメリットとは?

27709b66fc4ac59d88d94511ea5a911f_s

理想のドッグフードに魚ってアリなの?

犬の本来の食生活を考えると、魚ではなく肉を中心としたドッグフードが理想のように感じますが、犬は肉類をメインとしながらも雑食性の生き物であり、水産資源に恵まれたここ日本においては、犬の食生活にも魚が多いにかかわってきました。

また欧州や北米においても、犬にサーモンが与えられるエリアもあるほどで、犬には絶対お肉!とは一概には言えないようです。

魚と言えば、私たち人間にとっては健康によいものというイメージで、そのイメージ通りに魚には良質なタンパク質のほか、ビタミンやミネラルといった栄養素がたくさん存在します。

魚に含まれる栄養素

魚の栄養素のひとつにカルシウムがありますが、これは骨や歯の健康、そしてストレス解消にも働き掛けることができるものです。
そして肉同様、魚からも良質なタンパク質を摂取できますが、タンパク質は活発な体の動きに欠かせないものです。

またタウリンは、動脈硬化や心疾患などの予防に作用する栄養素として知られています。
さらに魚は低カロリーで消化もしやすいという特徴もあるため、胃腸の機能が低下している犬や、老犬期の犬にも安心して与えることができるでしょう。

魚を直接与えるのは避けたほうがいい

魚は犬にもお勧めなら、釣りに行ったときなどに釣った魚を直接あげてみたいと考えるかもしれませんが、魚には寄生虫のリスクがありますから、むやみに与えてはいけません。

寄生虫によっては犬の命が危険にさらされることもあるので、その対策としては魚の加熱が不可欠となります。

無添加ペットフードでも魚を主原料としたものがありますが、これももちろん加熱処理などにより寄生虫対策が行われているため心配いりません。
また、魚そのものを与える場合には魚の骨に関する危険性もあります。
犬だとその骨も気にせずバクバク食べてしまうということがあるので、骨は取り除く必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ