ダックスフントのドッグフードの選び方

9552d25e41fc5365063b3edec5c7c1db_s

太りやすいという特徴

ダックスフントには、太りやすいという体質的な特徴があります。

犬にとっても肥満は健康へ悪影響を与えかねない要因ですから、ドッグフードを選ぶときにもその点は考慮しておきたいものです。
しかし、いくらそういった体質的な特徴があるとは言え、最初からカロリーコントロールのドッグフードを与えなければならないということはありません。
ドッグフードやおやつを与える量を守ったり適度な運動をさせてあげたりすれば、肥満は防ぐことができます。
それに、極端な食事制限もストレスの元ですから、何事も適切な範囲というものを守っていきましょう。

ダックスフント用のドッグフードも

ペットを飼っているご家庭はかなり多いため、それに比例するようにドッグフードの種類も増えてきました。
ドッグフードのメーカーももちろん多いですが、ドッグフードの分類もいろいろとあります。

ライフステージに合わせたドッグフードや、アレルギーなどの体質に合わせたドッグフード、そして犬種に合わせたドッグフードまであります。
ダックスフントもメジャーな犬種のひとつですから、ダックスフント用のドッグフードを探すこともできます。
ダックスフント用であれば安心とも考えられますが、ダックスフント用でもそのドッグフードが安心・安全な材料で作られていなければ安心とは言えません。

一方で無添加ドッグフードであれば、原材料に並々ならぬこだわりがあるため安心できるでしょう。

胴長短足であるがゆえのリスク

ダックスフントと言えば、その胴長短足な要旨が大変愛らしいですが、そういった体型であるため、背骨が弱いという特徴があります。
そのため椎間板ヘルニアのリスクも高まってしまうのです。
そして肥満、痩せすぎ、激しい運動という要因によって、ヘルニアのリスクが高まることもあるため、ドッグフードの選び方はもちろんのこと、与え方や運動などについてもワンちゃんの体質に合わせていく必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ