正規品と並行輸入のドッグフードとの違い

932237a401835af35e72202c673e5b94_s

海外のドッグフード、どうやって日本に来る?

ドッグフードを選ぶ際に、日本で製造されているものだけでなく、海外で製造されているものに興味をもたれる方もいるでしょう。
海外でもペットブームの国は多いですし、ドッグフード製造に関して、基準が厳しい国で作られているものの方が安心だと感じるかもしれません。

実際に、日本ではドッグフードに使用が禁止されていない添加物が、海外では禁止されていることも多いですので、安全性を考えるなら海外のものを!というのも一理あるでしょう。

並行輸入品と正規品の違いとは?

海外のドッグフードについて調べていくと、並行輸入品と正規品という2種類があることが分かります。
どちらも同じメーカーなのに、なぜか並行輸入品の方が安いという点に疑問を感じる方は多いかもしれません。
そこでどのような違いがあるかをご説明します。

正規品は、製造メーカーから日本にやってくる過程で、正規の代理店などが購入していますが、並行輸入品は違います。
まず、製造メーカーから代理店とは関係のない企業が購入して、そこから日本にやってきます。

ここが大きな違いです。
これだけの違いなら、値段の安い並行輸入品の方がいいと思うかもしれませんが、他にも違いはありますよ。

管理の点で不安が募る並行輸入品

正規品の場合は、正規のルートを通って日本に来ますから管理もきちんと行われていますが、並行輸入品の場合はそうではありません。
管理は、メーカーから購入した第三者が行いますから、第三者の気持ち次第となります。

そして、何か不備が合った際に、正規品ならメーカーに問い合わせることができますが、並行輸入品の場合は、並行輸入を行った第三者と連絡を取るのが難しいという問題点もあります。

また、ドッグフード以外の食品だけでない商品も一緒に輸入されてきますから、何と一緒に運ばれてきたのか・・・あまり深くは考えたくないですよね。

これらを踏まえると、やはり正規品の方が安全だと言えるのではないでしょうか。
もちろん、並行輸入品だから信用できない!ということではありませんが、もしもの場合を考えて、安心感の強い方を選ぶようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ