ウェナーの成分とその安全性

511xAQpmC9L

オーガニックフードの原点

昔は番犬のようにわんちゃんを飼っていた家が多かったですが、最近では我が子のように可愛がっている人の方が多くなっています。
その為、ドックフードの選び方も安全性を求める人が増えてきています。

特に、小型犬の場合食べ物によって健康へ影響を及ぼす可能性があるため、原材料をはっきりを明記しないと信用されない背景があります。

そこで今注目されているオーガニックドックフードは、化学物質を排除している為、わんちゃんにとって害となる成分が入っていません。
こうしたドックフードはわんちゃんだけではなく人間も食べることができる程安全性が確保されています。

ウェナーの成分

粗蛋白質 22.0%以上
粗脂肪  12.0%以上
粗繊維 5.0%以下
粗灰分 7.5%以下
水分 10.0%以下
カルシウム  1.3%以上
リン 1.0%以上
代謝エネルギー 331kcal/100g

成分表をみてわかるように、わんちゃんにとって必要不可欠である蛋白質が基準値と同じになっています。
基準値をクリアしているので、問題はないと言えるでしょう。

ウェナーは安全か?

オーガニックドックフードであるウェナーは、社長の犬好きであることから、その経験を生かし人間の食べる食材を使って製造したドックフードです。
オーガニックフードの基準となる項目は、有機手法で栽培をする、添加物を一切利用しない、遺伝子組み換えの原材料を使わないなどがあります。
ウェナーでは、自社農場で管理を行っている為これらの基準に達しています。
毎日の収穫量や原材料の管理を徹底して行っている為、オーガニックフードを一切利用していません。
コーン、小麦粉を始めとした、化学物質なども使わずにドックフードを製造しています。

自社農場で管理していることから、万が一のことがあった場合原因をすぐに追求することができる程の徹底管理がされています。
こうした仕組みにすることによって、従来のドックフードにはできなかった原材料のクリア化を実現させることができた信頼性の高いドックフードです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ