ドッグフードに含まれている添加物について

468efb25d0806a3da185eadcd80857d4_s

ここでは、ドッグフードに含まれている添加物で非常に怖い成分について明記したいと思います。

○亜硝酸ナトリウム
亜硝酸ナトリウムは、黒ずんだ肉にならないように赤色着色剤として使われています。
そして食肉に含まれるアミンと化学反応を起こし、ニトロソアミンという発がん性物質を生じます。

○BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
BHAはドッグフードに使われている合成保存料で、すでにヨーロッパで混入することは禁止されています。
またBHAは、悪性腫瘍(胃がん・膀胱炎)を引き起こす可能性があると指摘されています。

○BHT(ブチルヒドロエシトルエン)
BHTはBHAと同じように、膀胱がん・甲状腺がんなどを引き起こす可能性があります。
上記に明記した成分に関しては、くれぐれも注意をしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ