柴犬のドッグフードの選び方

6d15212c79b1807a3dfbd117264b7a33_s

世界でも人気の柴犬

日本人の多くが、犬と聞くとまっさきに柴犬をイメージすると言っても過言ではないほど、柴犬というのは日本人にとってポピュラーな存在です。
そんな柴犬は今や世界的な人気も得ている犬種です。

さて、数ある犬種の中には皮膚炎になりやすい犬種なども存在しますが、柴犬の場合はそれら病気にかかりにくいと考えられてきました。
ですが近年、室内飼いされる柴犬も増えてきたためなのか、柴犬でも病気になりやすいというような変化が生じてきていると言われています。

与えるドッグフードで愛犬の体のケアを

もし柴犬がアトピー性皮膚炎などになったら、ドッグフードを選び直してみたほうがいいかもしれません。
なぜなら食べ物がひとつの要因となり、アトピー性皮膚炎を発症することもあるからです。

着色料や酸化防止剤といった添加物がたくさん使われているドッグフードが当たり前のように売られていますが、それらドッグフードはアトピー性皮膚炎などの皮膚病を患う愛犬にはよくありません。
もし今までそういったドッグフードを選んでいた場合は、無添加ドッグフードへと切り替えてみてはいかがでしょうか。

トウモロコシが主原料のドッグフード

トウモロコシを主原料とした場合、低コストでの生産ができるため、そういったドッグフードもたくさん販売されています。
しかし愛犬にとっては、トウモロコシは好ましくない存在なのです。

アレルギーにつながるおそれもあるため、それが主原料であるドッグフードは、柴犬などの犬種に関わらず避けるべきでしょう。
愛犬の健康にとっては、やはり良質な動物性タンパク質が欠かせません。
それが主原料となっていて、なおかつ他の原材料や生産方法にもこだわっている無添加ドッグフードが、柴犬に与えるドッグフードとしても理想と言えるのではないでしょうか。

柴犬用ドッグフードも販売されていますが、それも原材料が好ましくないものであれば柴犬に適しているとは言えません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ