魚主体の無添加ドッグフードのメリット

d1afb51f6dd9e6a21f0cd83388d26a87_s

肉が食べられない愛犬には・・・

最近は食物アレルギーの犬が増えています。
アレルギーを引き起こす食材はたくさんありますが、中でも、肉が食べられない愛犬には、何を与えてあげればいいのか飼い主さんも困ってしまうでしょう。

犬はもともと肉食動物ですから、肉が大好きですし、高品質のタンパク質を補給することは欠かせません。
しかし、肉が食べられない・・・そんな愛犬にはどのようなドッグフードを与えればいいのかと悩む方がたくさんいます。

このような場合にお勧めなのが、ドッグフードの原料が魚をメインにしている商品です。

高タンパクの魚がオススメ!

肉よりも魚の方がアレルギーの心配は少ないですし、無添加ドッグフードであれば、魚の中でも特にアレルギー発症リスクの少ない白身魚や鮭などを使うといった配慮がされています。
また、魚は高タンパク質ですので、肉がダメなら魚主体のドッグフードを与えてあげることでタンパク質不足も解消できます。

魚主体の無添加ドッグフードは、アレルギーのある愛犬だけに限らず、どんな愛犬にもお勧めです。
というのも、肉と魚を比べると、消化吸収が良いのは断然魚です。

そのため、下痢や便秘をしやすい愛犬に魚主体の無添加ドッグフードをあげることで、消化吸収がよくなり、腸内環境を整えることができ、自然と下痢や便秘を解消できるのです。
また、魚にはタンパク質の他にも、不飽和脂肪酸など犬の健康維持のために役立つ栄養素もたっぷり含まれています。

無添加であるかをチェックしましょう!

魚をメインに使用しているドッグフードにも種類がありますので、選ぶ際には「無添加」かどうかをよくチェックしてください。
魚を使っているドッグフードならどれも安心ということではありません。
添加物をたくさん使っているドッグフードの場合は、新鮮な魚を使用していない可能性も高いですし、添加物のせいで犬の健康を害するおそれも充分にあります。

無添加ドッグフードは、犬にとって必要な栄養素だけを使い、バランスのよいドッグフードに仕上げてありますので、安心感が違います。
魚主体の無添加ドッグフードを選ぶことで、飼い主さんが毎日の食事に気を遣う必要はなくなりますし、何よりも愛犬が喜ぶことでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ