犬のおやつの選び方

4ee3267b2f32c3ddcecebd6b41024375_s

犬用のおやつで注意したい原材料とは

飼い主の方ならご存知かもしれませんが、犬は甘い物が大好きな動物でもあります。
そのため犬のおやつを作るメーカーの中には、糖分を多く含んだ原材料を使用して犬用のおやつを作っているところもあります。

しかし人間でもそうですが、犬にとっても糖分の取りすぎはよくありません。
コーンシロップやデキストロースといった原材料名があれば、それは糖分が含まれているしるしとなります。

穀物がメインのおやつも避けよう

穀物不使用のドッグフードもあるほど、犬にとっては必要性があまりない穀物ですが、とくに安価な穀物ですと栄養価も期待できないため、それが使われた犬用のおやつも避けたほうが安心です。

玄米やオート麦といった全粒穀物であれば、穀物としての栄養価にも期待が持てます。
また、原材料名に肉副産物と書いてある犬用おやつも避けるべきものです。
副産物の中には、爪や羽といったものまで含まれていることがあり、それらは犬の健康を害するリスクもあるのです。
そして化学合成の添加物が使われたおやつも、やはり避けておくと安心でしょう。
一方で天然由来の防腐剤としては混合トコフェロール、ビタミンCなどが挙げられます。

無添加ドッグフードにこだわる方は

無添加ドッグフードを選ばれている方であれば、やはりおやつにも無添加のものを選んでいきたいと考えるはずです。
無添加おやつにも、さまざまなバリエーションがあるため犬の好みに合うものをきっと選ぶことができるでしょう。

おやつであっても、一番の理想は肉が中心となったものです。
肉からはタンパク質を摂取できますので、犬の健康や毛並みの維持・向上へと働きかけてくれます。
肉の他にも、魚がメインで使われたおやつもあるため、いろいろなおやつをチェックしてみましょう。

愛犬におやつを与えるときには、与えすぎに注意することも大切になってきます。
愛犬が欲しがるからとそのたびにおやつを与えてしまっては、愛犬はすぐに肥満になってしまうでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ