犬が食べてはだめな食材はありますか?

c297895cd6d9bda7111b9ffc3d940399_s

犬に食べさせてはいけない食材

愛犬が人間の食べている食事を物欲しそうに見ている姿・・・なんともいじらしくてかわいらしいですね。
しつけがきちんとできている愛犬なら、食べたくてもじっと我慢できますが、中には吠えたり、勝手に食べようとしたりと、コントロールが難しい犬もいます。

そんなとき、飼い主さんは「仕方ないなぁ」と、思わず人間の食事を与えてしまうことも少なくありません。
しかし、犬には食べてはいけない食材があります。

人間には美味しいものでも、犬にはNGな食材がありますから、むやみに愛犬に人間の食べ物を与えるのは避けた方が良いでしょう。
ねぎ類やチョコレートがダメ!と言う飼い主さんは多いですが、その他にもNGな食材がありますので、ご紹介していきます。

ぶどう、アボカド、サプリメント・・・たくさんあるNG食材

ぶどうやレーズンを犬に与えることで、下痢やおう吐、ひどい時には腎不全を起こす危険性があります。
ただし、個体差があることが分かっていて、まったく平気な犬もいるようですが、危険な食材は一切与えない方が良いでしょう。

また、アボカドにはペルジンという成分が含まれていますが、この成分が犬には有害であるとされています。
アボカドを使ったサラダなど、犬が食べたそうにしていても、絶対に与えるのは止めましょう。

続いて、私たち人間に広く普及しているサプリメントも犬には危険な食材です。
サプリメントはあくまでも人間のために作られているもので、犬が摂取することで栄養を過剰に採り過ぎてしまう危険があります。
薬も同じで、便秘の際に、人間用の医薬品を少量与えるといった飼い主さんもいますが、やはり犬には良くありません。

犬には犬のために作られた食材を

他にも生肉やカフェインなど、たくさんの食材があります。
それでは、何もあげられないじゃないか!と思う方もいるでしょう。
しかし、それで良いのです。

愛犬に人間用の食事を与えること自体が間違っていて、犬には犬のために作られている食べ物を与えるべきなのです。
無添加ドッグフードであれば、犬に必要な栄養素がバランスよく配合されていますので、その他の食べ物を与える必要もありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ