給餌量はどのくらいにすればいいの?

8e819aaf67d75cc6346df7ce968e3d51_s

ドッグフードの給餌量の見極めは難しい!

太り気味の愛犬や食が細い愛犬の飼い主さんは特に、ドッグフードの給餌量が分からないという悩みをお持ちです。
太り気味の愛犬でも、食べたいだけ食べさせてあげたい気持ちもありますが、健康を考えたらやはり飼い主さんがしっかり管理していかなければなりません。

また、食の細い愛犬は、もっと食べてほしいのに、どうして食べてくれないのだろう?と飼い主さんがご自身を責めてしまうことがあります。
愛犬にとって、どのくらいの量が適量なのか・・・見極めるのは非常に難しいですね。

ドッグフードのパッケージは目安と考えよう

ドッグフードのパッケージを見ると、目安として給餌量が記載されているケースが多いです。
まずは、その量を守って与えていきましょう。

ただし、愛犬によって本当に必要な量は違いますし、あくまでも目安ですので、絶対に守らなければならない!ということではありません。

無添加ドッグフードは、一般的なドッグフードよりも健康を第一に考え、バランス良く食材を配合しています。
もし、今のドッグフードをあまり喜んでくれないようなら、無添加ドッグフードに変えることで食欲が上がるかもしれません。
また、肥満気味の犬の場合も、カロリーを抑えつつ、栄養バランスは整えられる無添加ドッグフードを与えることで、自然とダイエットができる可能性が高いです。

心配なときはメーカーに問い合わせしよう

無添加ドッグフードを購入する際、メーカーに給餌量について問い合わせてみるとますます安心できるでしょう。
愛犬の食事についてのお悩みを併せて相談することで、愛犬にとってベストな給餌量が分かるでしょうし、それと同時に飼い主さんご自身の悩みも解消されるはずです。

人間がストレスにさらされると食欲がなくなったり、逆に食欲が異常に増えてしまうということがありますが、ストレスが溜まっていて食べない、食べ過ぎるといった傾向が出てくる犬もいますので、飼い主さんは、無添加ドッグフードをはじめ、多方面から愛犬の健康をサポートしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ