無添加ドッグフード、国産と外国産の違いとは?

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_s

ドッグフードに関する規制

人間が口にする食べ物だと、どうしても国産のほうが安心という気持ちが高まりますし、実際にそうであるケースも少なくはないはずです。

しかしドッグフードでは、国産のほうが安心とは言い切れないばかりか、外国産のほうが安心という人もいるほどなのです。
国が違えば法律も違いますし、ドッグフードに関する規制においても国の間で差が出てくることになります。

日本はドッグフードに関する規制が厳しい国とは言えず、人間が口にする食べ物にはNGな添加物であってもドッグフードにはOKというようなルールがまかり通っている現状があります。
ただもちろん、外国産のドッグフードなら安心とは単純に考えられるものではありません。

無添加ドッグフードの場合

上記のような事実から、無添加ドッグフードを選ぶ飼い主の方が多くなってきました。
無添加ドッグフードというジャンルでも、国産・外国産とありますが、無添加ドッグフードであれば国産でも外国産でも信頼を寄せられると言えます。
また中には国産の原料にこだわり無添加で作っているということをアピールしているメーカーもありますので、やはり飼い主の方の中にも国産に惹かれる部分を持っている方は少なくないかもしれません。

小さな会社で作っているような無添加ドッグフードからも選んでいきたいという場合は、国産のほうが探しやすいのではないでしょうか。
外国産となると、規模が小さいものだと輸入するにまで至らないため、名の通ったメーカーが中心になってくるかもしれません。

安いドッグフードに安心はない?

国産・外国産に限らず、安価なドッグフードには安心して与えられるドッグフードはないと言い切る飼い主の方も少なくありません。
安心・安全・良質といったことを追い求めようとすると、どうしてもコストがかさみ値段が高くなるということがあります。
しかしそれでも安心には代えられないということで、無添加ドッグフードを選んでいるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ