腎臓が悪い愛犬にはこんなフードを

58a97b81cbf57e2240b14551eb6104e3_s

気が付きにくい腎臓病の症状

犬の腎臓病には急性腎不全と慢性腎不全の二種類がありますが、慢性腎不全は症状が分かりにくく、飼い主さんが気を配っていないとなかなか発見できないという厄介な病気です。
そのため、少し変だな・・・という気持ちで病院の検査を受けたら「慢性腎不全」と診断されて大きなショックを受ける飼い主さんもたくさんいます。
腎臓病は老犬になるほど発症率が高まりますし、どれだけ健康に気をつけていても100%防ぐことはできないものですので、ご自身を必要以上に責める必要はありません。

それよりも、これから先腎臓病を悪化させないようにするために、どういうことに気を配っていけばいいかという点に意識を向けていきましょう。

これ以上症状を悪化させないために

腎臓病は風邪のような病気とは違い、自然治癒が難しい病気です。
一度発症してしまうとゆっくり進行していくことが多いため、進行を遅らせることに気を配っていかなければなりません。

腎臓に負担がかかる食事をさけることが何よりも大切です。

では腎臓に負担がかかる食事はどのようなものでしょうか。
まず、リンの過剰摂取は腎臓によくありません。穀物にはリンの含有量が高いものが多いため、この点に注意してドッグフードを選ぶと良いでしょう。

また、高タンパク質であれば腎臓に悪影響を及ぼすことがありませんので、高品質、高タンパク質のドッグフードを選ぶようにしましょう。
ただし、あくまでも高タンパク質が安全なのであり、粗悪なタンパク質はかえって腎臓に負担をかけてしまいますのでその点をよく注意してください。

病気に負けないからだ作りを

続いて添加物の有無を確認することも忘れてはいけません。
添加物が腎臓の負担になることは明白ですね。
色を良くするため、日持ちさせるため・・・これらの目的で使われている添加物は愛犬の体には本来まったく不要なものです。
できれば100%無添加のドッグフードを与えるようにしましょう。

腎臓病を患うと食欲が低下することが多くなります。
食欲のない愛犬を見ているのは飼い主さんにとっても辛いことですから、できるだけ愛犬の食欲をそそるようなドッグフードを与えてあげたいものですね。

犬にとって本当に必要な栄養素だけを原料にして、犬の健康のために作られたドッグフードであれば、飼い主さんも安心して与えてあげられますし、愛犬も喜んで食べてくれることでしょう。
腎臓病を悪化させることを防げる、高品質で安全性の高いドッグフードを選ぶことで、病気に負けない体を作ることができ、愛犬と飼い主さんの絆もますます深まっていくはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ