毛並みとドッグフード、なぜ関係がある?

4fa68703dc39864652b50bf2855daffb_s

犬にとって不可欠なタンパク質

タンパク質が少ないものや、植物性タンパク質ばかりが含まれているドッグフードは、本来であれば犬の体に合っていないため、それを与え続けることで毛並みや毛艶が悪くなってしまうことがあります。
人間でも、食べ物によって肌や髪の調子が悪くなったり良くなったりすることもあるように、犬の毛並みにも同じことが言えるのです。

犬の健康や毛並みの向上を図るには、動物性タンパク質が不可欠になります。
タンパク質は、体毛や筋肉、骨格といったあらゆる部分に作用するもので、犬にとってはなくてはならないものです。

健康と毛並みへの気遣い

どんなに愛くるしい犬でも、毛並みがパサパサだと魅力が半減してしまいます。

体内へと取り入れたタンパク質は、被毛の成長にもたくさん使われるため、タンパク質が不足していたり植物性タンパク質ばかりだったりすれば、それが毛並みの悪さに影響します。
それを解消するためには、良質な動物性タンパク質が主原料となった無添加ドッグフードを選んでいきましょう。

犬にとって、毛並みの悪化というのは犬の体調を示すサインでもあります。
ですから見た目的な問題だけではなく、健康面の状態を知るにも飼い主として毛並みに注目することが大切なのです。

被毛のケアも飼い主の役割

美しい毛並みを作るには適切なドッグフードを選ぶことがもちろん大切ですが、日頃ブラッシングをさぼってしまうという方は、そのブラッシングを適切に行ってあげるようにしましょう。

ブラッシングも、毛並みの美しさを維持するのには欠かせないですし、ブラッシングをすることでノミ・ダニの予防などにもつなげることができます。
ブラッシングに使うアイテムにもいくつか種類がありますので、犬のタイプに合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。
このブラッシングを通して、犬とコミュニケーションを取ることもできます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ