腎臓に良いドッグフードの選び方

9c370f4ea557c68c9a5c4df148559d0a_s

犬がかかりやすい腎臓病

愛犬の健康状態は、飼い主さんがこまめにチェックしていくことが大切です。
最近、おしっこの回数がやけに多いとか、水を大量に飲むようになった・・・など、「あれ?」と思うことがあったら、腎臓に負担がかかっているせいかもしれません。

犬の腎臓病について、ご存じでない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は老化とともに発症率が高くなる病気ですので、少しでもおかしいなと思うことがあったら、検査することが大切です。

腎臓の大切な役割とは?

腎臓のもっとも大きな働きは、尿を作ることですが、尿を作り、排出することで体の中の毒素や老廃物なども一緒に外に出しています。
ところが、腎臓の働きが弱まってしまうと、尿を上手に作ることができず、老廃物が体内に残りやすくなります。
その結果、尿毒症という恐ろしい病気を引き起こす可能性も出てきます。

腎臓病は放置しておくと、回復するどころかどんどん症状が悪化していくことが多いため、腎臓に負担がかからないよう、日ごろから何ができるか?を飼い主さんが真剣に考えていくことが大切です。

毎日の食事に気をつけよう

もっとも意識しなければならないのが、毎日の食事です。
腎臓に良くないと言われているものとして、添加物があげられます。

添加物はドッグフードの見た目を鮮やかにしたり、保存性を高めたり、香りを良くするために使われているものですが、添加物は犬の体には本来不要な成分です。
添加物がたくさん含まれているドッグフードを毎日与え続けていたら、腎臓はもちろん、体のさまざまな機能に悪影響を及ぼしていくでしょう。

腎臓に良いドッグフードはやはり「無添加」のドッグフードです。
犬の健康のために作られた、不要な成分を一切排除している無添加ドッグフードなら、腎臓に負担をかけることがありません。
また、無添加ドッグフードの種類もさまざまで、腎臓病を患っている犬のために作られているものもありますので色々なドッグフードを調べてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ