グルメライフ・小型犬のたのしみの成分とその安全性

gul

参考URL:http://www.yeaster.co.jp/frontend/modules/iteminfo_list.php

■保証成分

粗たん白質23.0%以上
粗脂肪7.5%以上
粗繊維5.5%以下
粗灰分7.5%以下
水分10.0%以下
カルシウム0.9%以上
リン0.6%以上
代謝エネルギー320kcal/100g

■原材料

小麦粉、米粉、コーングルテンミール、チキンミール、脱脂大豆、ホミニーフィード、米糠、ビートパルプ、乾燥おから、アルファルファミール、動物性油脂、いりこ、乾燥小えび、チーズパウダー、ビール酵母、オリゴ糖、セルロース、酵母エキス、ミネラル類(炭酸カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、ビタミン類(塩化コリン、E、パントテン酸、B2、A、ビオチン、D3、B12)、香料(ミルクフレーバー、バターオイル)

食感にこだわったドッグフード

食感の違いを楽しめる「小型犬のたのしみ」は国産によるドッグフードです。
保証成分のうち、粗タンパク質は23.0%以上、粗脂肪は7.5%以上という結果になっています。

タンパク質の数値は理想的ですが、脂肪の数値が少なめなのが気になります。
ドッグフードの場合、脂肪15%というのが理想になってくるので、7.5%以上とはいうものの脂肪が少なめの感じてしまうのは否めません。

原材料で気になるポイント

小型犬のたのしみでは、第一主原料が小麦粉となっています。
小麦粉というのは犬にとってアレルゲンとなりやすいため、アレルギーが心配な場合には避けたほうがいいかもしれません。

また4番目にはチキンミールという原材料があります
鶏を粉末にしたものですが、どの部位が入っているか表記からはわからないため、○○○ミールという表記に敏感な方もいるのは事実です。

ただ、以前は着色料が使用されていましたが、着色料なしにリニューアルされた点には、企業努力を感じます。
さらに、香料については具体的な表示義務はないのですが、ミルクフレーバー、バターオイルと具体的にを表記している点も評価できます。

小型犬のたのしみ「シーフードミックス」

グルメライフの小型犬のたのしみには、いくつか味の種類がありますが、そのひとつに「シーフードミックス」があります。
それにもある通り、原材料を見てみると乾燥小エビという海の香りを感じさせるものも含まれています。
小型犬のたのしみは、80gの小分けパックが6袋ずつ入っていて、シーフードの風味が逃げない工夫がされています。

シーフードミックスの場合は、いりこと小エビの2種類がそのまま入っているので、ひと袋で違った味わいを楽しむことができます。
小型犬のたのしみの、チーズ味のドライフードに加えて食感を演出しています。

リニューアルして改善

ドッグフードの添加物について敏感な方は、以前は着色料などが気になったかもしれませんが、その点は改善されています。
メイン材料に変化はありませんが、食感にバリエーションをもたせるなど、犬にとっての食の楽しみを刺激しようという工夫が感じられる商品です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ