下痢ぎみの愛犬にはどんなフードを選べば良いのか

bde4f42ecb7754953b02dcbaf1df0674_s

下痢が続くようでは心配

うんちは犬の健康状態を知る指標になりますから、下痢が続くようですと当然犬の健康状態も心配になってきます。
いつもより多く食べたり、散歩のときに拾い食いしたりなどが原因で下痢になることもあります。

もし食べ物が原因だと思われるなら、いつもよりドッグフードの量を少なめにしてあげるという対処法もあります。
ただこのとき、お水の量は変えずに普段通りにしましょう。
人間でも同じですが、消化吸収力が下がっているときには食事を絶つことが完治につながることがあります。

しかし食事を絶つことに関しては素人判断は危険ですのでやめてください。

消化吸収しにくいドッグフードを与えていませんか?

犬はトウモロコシや大豆、小麦といった食べ物の消化は得意ではなく、それらを消化しようと思うと消化器官に余計な負担がかかってしまいます。
しかし安価なドッグフードの多くは主原料として、そういった犬が消化吸収しにくい原料を使っています。
そのほうが安上がりだからです。

ですがもし下痢が続くようなら、それが原因である可能性が考えられますから、犬が消化吸収しやすい鶏肉やラム肉などが主原料であるドッグフードを試してみることをおすすめします。
鶏肉やラム肉などの、本物のお肉からは良質な動物性たんぱく質を摂れるので、それが犬の健康維持、健康増進にもつながります。

ビール酵母入りのドッグフード

ビール酵母は必須アミノ酸、ビタミンB,食物繊維といった多くの栄養素を含んでいて、さらには整腸作用も持っているという特徴があります。
このためビール酵母は、人間用の整腸サプリメントでもおなじみなほどです。
そんなビール酵母を原材料のひとつとして使っているドッグフードもあります。
そういったドッグフードも、胃腸が弱っている犬にとっては強い味方になりえるでしょう。

診断を下すのは飼い主ではなく獣医師

下痢が続いたことによって動物病院を受診する飼い主も多いです。
下痢の原因については飼い主自らも考えることができますが、獣医師でないとはっきりとした診断を下すことはできません。

動物病院を受診する際には、いつからどんな下痢が出ているのかといった情報や、下痢の原因として心当たりのある情報を具体的に獣医師へと伝えられるようにしておきましょう。

ただの下痢だからと獣医師には診てもらわずにやりすごす方もいるかもしれませんが、下痢が病気のサインになっていることもあるので、念のため受診をしたほうが安心です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ