アニモンダのドッグフードの成分とその安全性

gc_dry_adult1

アニモンダのドッグフードの原料

アニモンダは会社設立をしてからというもの、栄養生理学の研究を日々行っています。
わんちゃんを始めとした動物の栄養や飼育などのプロが一緒になって研究を行いドックフード開発を進めています。

そんなアニモンダのドックフードは、人間が食べるお肉を使って生産をしています。
鮮度も高く、生肉を使っていることから品質管理も徹底しています。
牛だけではなく、豚、子羊、七面鳥など様々な肉を組み合わせてわんちゃんに毎日違った味を提供できるように様々な組み合わせを行っています。

年齢によって摂取カロリーが異なっている為、組み合わせ方を変えながら各年齢にあったドックフードを作り上げています。

アニモンダのドッグフードの成分

代謝エネルギー385kcal/100g
粗繊維2.5g/100g
ナトリウム0.19g/100g
粗タンパク質23.0g/100g
カルシウム1.2g/100g
ビタミンA11100IU/kg
粗脂肪15.0g/100g
リン1.0g/100g
水分8.0g/100g

こちらはドライフードの成分表ですが、やはりドライフードの場合水分量が少ない為シニア向けではありません。
成犬であれば、噛む力もありますのでおすすめです。

ただし、ドライフードのみではなく上手に組み合せることで、わんちゃんにバランスの食事を与えることができます。

アニモンダのドックフードは、高品質で研究結果を反映した安心で安全と言われています。
遺伝子組み換え食品も使っていません。

アニモンダでは、オランダを拠点を自社工場まで持っています。
徹底した品質管理を行っている為、万が一品質が悪いときには使わないようにしています。
アニモンダではこうしたことを隠さずに公表していますので、特に問題なくわんちゃんの食事として与えても問題はないと言えます。

アニモンダのドッグフード)は安全か?

アニモンダのドックフードは、社内だけではなく社外でも品質管理の依頼、調査を行っています。
その為、安全性や品質の高さについて高い評価を受けています。
原材料についても、栄養価値の高いレバーや七面鳥の心臓部などのみを使っています。
更に、どうしても生肉を利用してしまうとくちばしや皮などの副産物が混入してしまいますが、アニモンダではこういったものは徹底的に排除しています。
生肉だと、栄養分が高くなりわんちゃんが肥満になってしまうのでは?と疑問に思いますが、生肉を使ったウェットフードの場合消化を高めることができる効果があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ