ファーストチョイスの成分とその安全性

61W5d-amrdL._SL1152__R

ファーストチョイス(成犬用)の原料

日本で飼われているわんちゃんには、肥満体型の子が多いです。
わんちゃんは太っているだけで病気にかかるリスクがグッと上がってしまいます。

わんちゃんの肥満を防ぎ、健康な状態へと導くために開発された低脂肪のドッグフードがファーストチョイスです。
ファーストチョイスの主な原材料はコーンや鶏、白身魚となっています。
ドッグフードの成分としてよく使用されている鶏肉の頭部や足などと言った副産物は使用されていません。
鶏肉の良いところだけを厳選し、バランスよく配合することでわんちゃんが「美味しい」と感じる消化の良いドッグフードを作ったのです。

ファーストチョイスの保証成分表です。

粗たん白質24.0%以上
粗脂肪90.%以上
粗繊維4.0%以下
粗灰分8.0%以下
水分10.0%以下

全てがドックフードの基準値を守る、バランスの良い成分となっています。

ただ1点気になることと言えば、塩分が含まれているにも関わらず、ミネラル成分である粗灰分も含まれていることでしょうか。
しかしその配合量も数値的には問題のない数値です。
低脂肪のドッグフードを作る上では仕方のないことなのかもしれません。

ファーストチョイス(成犬用)の気になる点

ファーストチョイスは原材料や成分の気になる点ですが、ワンちゃんにとって消化が得意でないコーンが多く入っている点でしょう。
ただ、ファーストチョイスで使用されているコーンは、鶏肉同様こだわりのコーンを厳選しているようです。
それでも、アレルギーなどが気になる方は気になるかも知れません。

ファーストチョイス(成犬用)は安全か

ミネラル類を添加していることなどが、気になる方もいるかもしれません。
ファーストチョイスは、原材料や成分的には一定の評価ができるドッグフード
です。
安全か安全ではないか、という2択ならば、安全だと言えるでしょう。

低脂肪のドッグフードでありながらも、栄養をしっかり補給することができるようになっていますので、ダイエットをしながらも健康管理をすることが可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ