通常のドッグフードに発がん性物質が含まれているって本当ですか?

f3a380f740e1f1602245d045c8fe3a60_s

発がん性のある物質

・BHA
・BHT
・エトキシニン

通常のドッグフードの中には、上記の発がん性物質が使われている場合があります。
これらは酸化防止剤としての役割を持ち、ドッグフードの保存期間を長くする目的で使われます。

BHAはガソリンに、BHTは石油に対しても酸化防止剤として使われ、エトキシニンに関しては天然ゴムの安定剤でもあり、それぞれ化学合成により作られた化学物質になります。
これらはその量が少なければ犬に対して悪影響がないというデータもあるため、それによって今でも通常のドッグフードには添加されているという事実があります。

本当に微量なら問題ないの?

微量なら安全であるということを示すデータには信ぴょう性が薄いものも多く、BHA・BHT、エトキシニンに関しても微量なら安全とは言い切れないのが現状です。
将来的にこれら発がん性物質の危険性が再び問題視されるということもあります。
もしそうなった場合、それまでそういった発がん性物質を含むドッグフードを与え続けていたとすれば、それによるリスク増大は免れなくなります。
現時点でも、そのような添加物を多く含むドッグフードにより、腎臓や肝臓に影響が出たり皮膚トラブルが起きたりといった問題点も出てきています。

数ある添加物の種類

通常のドッグフードにはBHA・BHT・エトキシニンの他にもたくさんの添加物が使われます。
それらをすべて把握しきるのは難しいかもしれませんが、とにかくBHA・BHT・エトキシニンの3つにはまずは注意していくということが大切になってくるでしょう。
無添加ドッグフードであれば、もちろんBHA・BHT・エトキシニンは使われていませんし、その他の危険性のある添加物も不使用です。
また無添加ドッグフードであれば原材料自体の安全性にもこだわって作られているため、原材料の安全性についても信頼することができるでしょう。
もしこうした添加物に関心を持ったのなら、一度それについて調べてみてもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ