犬に与えてはいけない食材はありますか?

a1180_013254

与えてはいけない食材の危険度を知る

犬に与えてはいけない食材の中で危険度が高いものには、玉ねぎや長ネギといったネギ類、チョコレートなどのカカオ類、人間用の医薬品やサプリメント、レーズン、アボカド、マカデミアナッツ、キシリトールなどがあります。
この中では特にネギ類は有名かもしれません。
ネギ類を直接与えるのはもちろんNGですが、たとえば玉ねぎを使ったスープなどもNGとなります。
もし与えてしまった場合、胃腸障害や血尿、衰弱といった症状が出てしまいます。

実はとても多い与えてはダメな食材

ニンニクやアワビ、スルメ、生の豚肉、アルコール、カフェイン、キノコといった食材も犬には与えてはいけません。
これらは危険度ランク中として紹介されることもありますが、それでも危険性があるものですから避けなければなりません。
ニンニクには玉ねぎと同様に成分中にアリルプロピルジスルファイドを含んでおり、これが溶血性貧血などを引き起こしてしまいます。

食べ過ぎ注意な食材について

犬にとっては食べすぎ注意となる食材もたくさんありますので、それについても知っていきましょう。
とうもろこしやナッツ類など、消化によくないものは全般的に食べすぎ注意となり、NG食材の危険度ランクとしては低に位置づけられる場合もあります。
その他にも、生卵やイカ、タコ、淡水魚、レバー、ピーナッツ、ホウレンソウといった食材は食べすぎ注意にカテゴライズされています。

体質によってNGなもの

ヒトでも牛乳が合わない場合がありますが、犬にもそういった体質を持つ子がいます。
牛乳が合わない犬は下痢をしてしまいますので、もし下痢をした場合には今後は牛乳は与えないようにしましょう。

この他にも、犬にとってNGな食材や食べすぎ注意な食材は多くあります。
それらをすべて把握するのは難しいでしょうから、もし不安ならその都度調べるようにしていきましょう。
無添加ドッグフードはこういった点にも配慮して作られていますが、それでも原材料名のチェックは欠かせません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ