熱中症

a0026_000015

走り回るのが大好きな犬

犬は季節など関係なく、いつでも外で走り回るのが大好きです。
雨の日だろうと雪の日だろうと、愛犬にとってお散歩は日課ですから、行かれない日が続けばやはりストレスが溜まってしまいます。
飼い主さんもそんな愛犬を見るのはつらいですから、天気など気にせず毎日お散歩に連れて行ってあげる方は多いでしょう。

熱中症に気をつけて

愛犬には必要不可欠な運動ですが、暑さに強い動物ではありませんので、炎天下で外にずっといると熱中症になる危険があります。
夏は特に愛犬の健康管理に気をつけることが大切です。
夏場のお散歩には水分を多めに持参することや、なるべく日陰の多い場所や時間帯を選ぶようにしましょう。
また、屋外だけでなく室内にいる場合でも熱中症にかかる可能性はあります。
気をつけたいのが、真夏の留守番です。
犬だけだから・・・とエアコンをつけずに家族みんなで出かけることがあるかもしれませんが、その際はクールマットなど愛犬が涼める場所を作ってください。
できればエアコンを数時間でもつけてあげると快適ですから、タイマーを上手に活用してみてください。
ただし、エアコンの風が強すぎても良くありませんから、直接風が当たらないように調整してください。

熱中症の症状

熱中症にかかった愛犬は、体が熱く、おう吐や下痢、目の充血などが見られます。
さらにひどくなると、意識がもうろうとしてきますので、早急な処置が必要です。
すぐに動物病院に連れて行かなければなりませんが、応急処置として、水を飲ませたり冷水で体の熱をとってあげましょう。
軽度の熱中症ならこれだけで元気が回復しますが、重症の場合は即座に診察を受けてください。

熱中症になりやすいタイプ

熱中症になりやすいのは人間と同じように、肥満傾向の犬や、子犬、老犬です。
また、短頭種と言われるブルドックやシーズーなども熱中症になりやすいと言われています。
最近は私たち人間の熱中症対策がさかんに言われるようになりましたが、大切な家族の一員である愛犬にも同様の対策をしっかり行ってあげてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ