無添加ドッグフードの種類を教えてください。

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_s

ドライフードの特徴

ドライフードの特徴として、水分含有量が10%以下・固形タイプという点が挙げられます。
さらにドライフードであれば開封後であっても保存期間が長くなるため、食べきれずに捨ててしまうといったことも少なくなります。
またドライフードにもいくつかタイプがあり、エクストルーダーと言われる方法により作られたものや、フレークタイプのもの、粒タイプのものなどがあります。
ドライフードの無添加ドッグフードも人気ですが、水分量が少ないため、水分不足とならないようにフードを与えるときにはお水も忘れずに与えたり、ドライフードに直接水を加えてふやかしたりして、水分を補ってあげることが大切です。

セミモイストフードの特徴

セミモイストフードは、簡単に言えばドライフードよりも水分含有量が多いもので、その水分含有量はだいたい25~35%となっています。
このためセミモイストフードを指で押すと柔らかさを感じることができます。
セミモイストフードを放置しておきますと、だんだんと水分がなくなりフードが硬くなるため、お皿に長い間放置しておかないようにしておかなければならないでしょう。

ウェットタイプの無添加ドッグフード

ウェットタイプでは水分含有量が75%以上となるため、他の成分よりも水分含有量のほうが多い状態になります。
ウェットタイプでも、缶詰やレトルト、アルミトレーといったさまざまな種類が展開されちます。
ウェットタイプの場合は開封後は早く食べきることが大切になります。
とくに無添加ドッグフードであれば、保存料などが使われていないため、その点にはより気をつけていく必要があるでしょう。

犬の好みに合わせて選ぶ

犬にもそれぞれ好みがありますから、カリカリとしたドライタイプのフードが好きな子もいれば、ウェットタイプが好きな子もいます。
その好みを考えながら適切な無添加ドッグフードを選んでいくということも大切になってくるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ