ドッグフードでアレルギーになる事はありますか?

a1180_006168

ドッグフードの原料がアレルゲンとなることも

アレルギーに関してはまだまだ謎な部分もあるのですが、ドッグフードに使われる牛肉や乳製品、小麦、大豆、とうもろこしといった食品がアレルゲンになる場合もあります。
このためドッグフードがひとつの要因となってアレルギーが引き起こされることもあるということなのです。
ただすべてがフードによって引き起こされるわけではなく、遺伝だったり環境要因だったりもアレルギーと関係していると考えられています。

もしアレルギーになってしまったら

もし犬がアレルギー反応を起こした場合、アレルギー対応のドッグフードを選ぶ必要があります。
そしてそのようなドッグフードは多くの場合、無添加ドッグフードでもあります。
このため無添加ドッグフードのメーカーの中には、アレルギー対応のドッグフードを作っているメーカーも多くあります。
アレルギー対応のドッグフードもバリエーション豊富ですから、犬の好みに合ったものを選ぶことができるでしょう。
ただアレルギー対応となっていれば安心というわけでもないですから、ご購入前には必ず原材料名をチェックすることが必要になってきます。

ハウスダストは大丈夫?

アレルゲンになる可能性のある要因は暮らしの中に多く潜んでいます。
ハウスダストもそのひとつです。
ハウスダストへの対策を特にしていないという場合には、その対策をすることも大切になってくるのではないでしょうか。
ハウスダスト対策としてよく用いられているのが空気清浄機です。
一戸建てなど部屋数の多いお宅で生活している場合、空気清浄機は複数台置いておくといいでしょう。
犬のアレルギーの症状には、かゆみ・脱毛・発疹などがあります。
大切な犬がそのような症状で苦しんでいるのを見ているとツラい気持ちになってしまいますから、飼い主の方としてはできることはすべてしてあげたいと考えるものなのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ