いろんなお肉ドッグフードがありますがそれぞれの特長を教えて。

ラム肉のドッグフードの特徴

ラム肉は、他の食肉と比べた場合にアレルギーのリスクが少ないとされています。
このためアレルギーが心配な場合にもラム肉のドッグフードは人気です。
さらにラム肉は犬のタンパク源としても適していて、高タンパク・低カロリーという特徴があります。
この他にも、L-カルニチンと言われる脂肪燃焼作用を持つ成分がラム肉には豊富で、なおかつ低コレステロールということもあり、肥満が気になる場合にもおすすめできる食肉です。

チキンのドッグフードの特徴

チキンも良質なタンパク源であるため、ドッグフードの主原料として重宝されています。
さらにチキンは皮を取り除くことによって脂肪分をカットすることができるため、ヘルシーな食肉としても知られています。
また、肝機能の向上に働きかけるメチオニンの他、コラーゲンがビタミン類もチキンにはたっぷろち含まれているのです。
このような特徴を持つチキンのドッグフードは、ぽっちゃりな犬や老犬期の犬にとくにおすすめできるでしょう。

牛肉のドッグフードの特徴

牛肉も上記の食肉と同様、タンパク質の摂取にぴったりな食肉です。
その他にもビタミンB1や鉄分といった栄養素が含まれているため、牛肉を主原料としたドッグフードもおすすめです。
そうやってタンパク質を十分に補うことができれば、被毛の状態も良好になります。
ただ牛肉は他の食肉と比べ、高カロリーという特徴もあります。
またコレステロールも多いため、ぽっちゃりな犬や心臓に問題のある犬にはあまりおすすめできないと言えるでしょう。

犬の体質に合ったドッグフードを

無添加ドッグフードでもさまざまな食肉が主原料として使われ、この他にも馬肉や鹿肉
ターキーといった多くの種類があります。
それら主原料の良さを生かすようにして作られているのが、無添加ドッグフードなのです。
犬の体質や好みをよく理解し、適切な主原料を選んでいきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ